体験型空き家活用「solar crew」

地域の困りごとになりがちな「空き家」を借り上げ、太陽光発電や防災設備を備えた拠点に

SDGsの内容

コースの内容
1のセクション • 1の講義 • 全長 : 00時間09分46秒
 体験型空き家活用「solar crew」
DIYでリフォームし再生させる取組。活用できる状態になった空き家をシェアするのではなく、地域を巻き込み、拠点の活用方法を一緒に考え、D I Yでリフォーム工事そのものから携わり、作る側になってもらう 00:09:46
予備知識

• 特になし

コースの紹介

各所に点在し、地域の困りごとになりがちな「空き家」を借り上げ、太陽光発電や防災設備を備えた拠点にcrew(会員)がDIYでリフォームし再生させる取組。活用できる状態になった空き家をシェアするのではなく、地域を巻き込み、拠点の活用方法を一緒に考え、D I Yでリフォーム工事そのものから携わり、作る側になってもらう。作る段階から参画してもらうことにより拠点を知って地域とつながるきっかけを作り、想いを共有しながら利用してもらうことで地域に根ざした拠点となる。平常時は町内会館的なコミュニティスペースとして地域住民やcrewが利用する「つながりの場」、災害時には防災拠点や電力供給スポットとしての機能を発揮する。この新たな「つながりの場」を、地域課題を地域ビジネスで解決する拠点とすることで、SDGsゴール11の達成を目指している。また各地の拠点が、その地域の特色を活かした地域循環共生圏の拠点化、関係人口の創出につながる。 solar crewは相続により取得した不動産を有効活用できずにいるオーナーや会社でも自宅でもないサードプレイスを求めていて、新たなつながり体験から副業や兼業などを求めている個人とその地域で事業を展開する中小企業もステークホルダーとなる。

クリエイター

株式会社太陽住建

レビュー
武政祐

人口が減少する中、空き家が増えることで治安も悪くなり、それによってまた人がいなくなるという悪循環を断ち切る素晴らしい取組みだと思いました。子どもを連れて一緒に参加することで、親子との会話だけでなく地域の大人との関わりも増えると思いました。